紀州の民間療法(現代語訳1)

紀州の民間療法(現代語訳)

  • 1 婦女の陰毛
  • 2 ニラ
  • 3 黄楊
  • 4 おとなえそう
  • 5 勘太郎
  • 6 雉の爪
  • 7 兎の手
  • 8 初茄子、スベリヒユ
  • 9 蒟蒻

  • 1 婦女の陰毛

     

     田辺の老人に聞いた話。かつて子供が指に火傷したら、その母親は直ちにその子の指を自分の陰戸に入れさせた。即効があると言う。また散髪屋の切った髪に婦女の陰毛を3本混ぜて煎じて飲めば、淋病がどんなに重くても治すといって、貰いに来る人がいると、散髪屋の話だ。

    『本草綱目』五二に、湯火傷灼に女人の精汁を頻繁に塗れと『千金方』より引用してある。また髪髢(髢は他人の髪を自分の髪に飾るのに用いたのでカモジのこと)利小便水道。これを焼いて粉にし結石を治すために服するとある。また婦人陰毛主五淋及陰陽易病とあり、陰陽易病とは病後交接、卵腫或縮入、腹絞痛欲死。それを治すのに「婦人の陰毛を取り、灰に焼いて服用し、陰水をもって洗い、これを飲む」とある。であるので、元は支那の説で本邦に伝わって俗人までも知り行ったのだ。

    next


    「紀州の民間療法」は『続南方随筆』(沖積舎) に所収。

    Copyright © Mikumano Net. All Rights Reserved.